capricieux

記事一覧(14)

capricieux shop info(HP)の使い方

今年はカイロを使わずとも腰の冷えに悩まされないカプリシュー小田です。夏から冬にかけてウォーキングしただけでこんな効果が出るなんて!しもやけもできたことにはできたけど、年内には治まるという奇跡。ウォーキングの効果か、更年期に差し掛かってきたからか、体が変化している。今年は肌の触れ合いを増やして女性ホルモン出して行かなきゃだわね。さて、女性ホルモンも然ることながら、今年はフィールドを広げるためにwebの方にもちょいと手を出して行こうと思ってます。実は昨年末から取り掛かるつもりでしたが、例の得にもならない作業に邪魔されてベースしか作れなかったので、年明けから集中して進めております。おかげさまでWEB SHOPでは、ブログで紹介(記事はこちら)した翌日にタイミングよくご利用いただいたり、問い合わせがあったりで、webの可能性を肌で感じることができました。アナログの人間なので、webの力を信じていなかったんだな、と反省する次第です。実はそんなWEB SHOPと同時にホームページの作成をしておりました。とはいってもそんな大層なものではないですが、簡単に作れるものがあったので、これは利用しない手はないということで早速作ってみました。ホームページでは、主にカプリシューの基本情報やご利用案内を載せていきます。こちらがPCでのの画面。

capricieuxが気になってるけどまだ来たことのない方へ

もしも、あそこの店気になってるんだけど。。。って方はぜひ読んでみてください。かなりの長文ですが。笑先月から初めましてのお客様がいらっしゃることが多く 「何年も前からいつも見てました。ずっと気になってて」 と皆さん口を揃えておっしゃいます。 そのたびに「歩道の距離長っ」と思うわけですが。 いや、嫌味ではなく、「とにかく入って来てくださってありがとうございます!」という思いです。 思いというか、言うけどね。笑 そうなんですよ。 私の想い、いや、お店をされてる方ならみんな思ってるはず。 「とにかく一度入ってみて!」 そう実際にお店の中にみんなが謎だと思ってる答えがあるのです! しかも、こんなところにお店があるなんて知らなかったー、とかならまだしもうちの店、通りから丸見えじゃん。笑 私は実は車で通りながらみんなが見てることは知ってるんですよ。 だけど興味があっても歩道を越えて入店するまで数年かかるということです。 ・高そう・怖そう・入ったら出られなさそう・1人じゃ入れない・駐車場が分からない・気にはなるけど、車降りて見に行くのがめんどくさい・なんとなくetc. 理由はそれぞれだと思いますが、その垣根を超えるほど、うちのお店の魅力が足りないということでしょう。 それは日々悩んでおりますが、万人に受け入れられるものも、方法もないので答えは出ないっす。 必要に迫られて服を探しているとか、表のトルソーの服がめちゃくちゃ欲しいとか、目的があって来られる方は路肩に車停めてでもいらっしゃいます。 だからなんだよって話ですが、人の行動原理ってそういうもので、よほどの理由がない限り初めてアクションを起こす前は、まず出来ない理由を考えるらしい。 ということで、出来ない理由を払拭するべく、お客様が謎に思ってそうな事を明かしていきます。笑 まずは、「何屋さん?」 capricieuxはレディースの服屋さんです。 変形やアシンメトリーなど、ちょっと面白いデザインのカジュアルなものを中心に取り扱っています。 たまにユニセックスなアイテムもあるので、メンズに対応できる時もあります。 基本、他の店で売ってるものは他の店で買ったらいい、という姿勢でやってるので流行りものとかはほとんどありません。 一言で個性的というとアレですが、私ちょっと場違いじゃない?的などぎついデザインのものはないのでご安心を。笑 着るのがちょっと楽しくなるお洋服をチョイスしてます。 最近、「服作りのワークショップのお店かと思ってた」みたいなことを続けて言われましたが、普通に販売しているだけです。笑 次に「高そう」 お値段の感じ方はみなさんそれぞれなので、一概に高いとか安いとかは言えませんが、お洋服の価格帯は大体5000円~20000円くらいです。(冬のアウターだと20000~40000円) 私が主婦だった時に、このくらいなら買えるな、と思ってたくらいの価格設定です。 たまにちょっと高いものもありますが。 値段を見たお客様のからは「あぁ、そうでもないね」という声がほとんどで、もっと高いかと思ってた、と言われることが多いです。 高いかどうかの判断はあなたにお任せします。 よく理由に挙げられるのは「駐車場」 お店の通り沿い、トライアル側から来るとお店より手前にあるので、お店の前であっ!と思った時はすでに後方になるんですね。 これが分かりにくい理由だと思われます。 写真付きで駐車場の説明をしてるブログを、文章の最後に張り付けていますので、そちらからご確認ください。 「怖そう」「入ったら出られなさそう」「1人じゃ入れない」 ちょっと違うかもですが、なんとなく入りづらい、みたいな感じですね。 「見下されそうで怖かった」とか「入っていい店なんですね」って言われたことがあります。 それでも勇気を出して入って来てくださったことに感激しましたが。 私は初めての店でも怖さとか感じないので、皆さんがどういう意味で言ってるのかは分からないけど、上に書いた行動原理とかの話になってくるんでしょうね。 未知のもの、未体験のものに対して人はストレスを感じるという。 前に書いたブログ(行動力)でも書いたけど、知らないものは怖いもんね。 これはとにかく体験してもらわないとって話ですが。笑 とりあえず私は怖い人ではないです。笑 自分では陽気なおばちゃんのつもりでいます。 お客様が来ると無条件にテンション上がるので、挙動不審という意味では怖いかもしれないけど。笑 まず、入店していただいたことが素直に嬉しいです。 1人で来られたお客様だと話しかけます。 狭い店内で2人きりなのに、何も言わないのも逆に不自然だし、会話もない状態で緊張させるのも申し訳ないと思うからです。 むしろ緊張させてはいけないというプレッシャーに、自分が緊張してしまうので無意識に話しかけるようにしているのかもしれません。笑 意外と小心者なんです。 でも百貨店の店員みたいに、いきなり「よかったらご試着ください」とかは言わないのでご安心を。笑 お二人以上の時は、あまり話しかけないようにしています。 お二人で会話なさる方が気楽だろうと思うから。 でもなぜか、うちは一人でいらっしゃるお客様が多いですね。 その分たくさんお話出来て、私は楽しいですけど。 お洋服の話としては、着る物を買って下さい、というスタンスなので、ゴリ押しでは売らないし、馬鹿正直なので似合ってないものに「お似合いですよー♪」みたいなことは言いません。 自分が商売下手だなーと感じる瞬間です。 ただ、似合ってるものには高かろうが安かろうが似合ってますというので、高いものの時は「売りつけられてる」とか思われるかもしれませんが、そんな意図は一切ありません。 着る事を楽しいと感じてもらいたいと常に思いながら服をチョイスしています。 なので、試着を楽しんでくださるお客様が大好きだし、私もとっても楽しい! もちろんきゅんとする出会いがなければ、買わなくてもいいのです。 ただ、お洋服はいつも同じものを置いている訳ではないので、また見に来てほしいなぁ、と思いつつお見送りしています。 お客様があまり話したくなさそうな反応の時は静かにしてますが、内心緊張しまくってます。笑 それとずいぶん改善しましたが、昔から人の顔を覚えるのが苦手です。 先日も分かるんだけど確信の持てないお客様に、失礼ながらもストレートに確認してしまいました。 馬鹿正直なうえにアホなもので。。。汗 決して悪気はありません。 むしろ探りながら話をする方が失礼だと思うので聞いてます。 とにかく怖がられる類の人間ではないので、是非勇気を出してご入店くださいませ。 最後に「めんどくさい」「なんとなく」 これはどうしようもないので、気が向いたらいらしてください。笑 いや、無理やり来る気になって下さい。笑 以上、まだcapricieuxに来たことない方へのメッセージです。 めっちゃ長くなったけど。 まぁcapricieuxの手引のようなものですな。 正直ここまでの理由があって来づらいみたいな方はほとんどいないと思いますが(大体みんななんとなくだよね 笑)、ちょっと興味を持っていただけたら嬉しいです。 上の方にも書きましたが、これはうちに限らず、お店をやってる方ならみんなが思ってることです。 ほとんどのお店の方が お客様に喜んでもらいたい!喜んでもらえたら嬉しい! と思ってるのです。 だから気になってるお店があればどんどん飛び込んでみてください。 相性はあるかもしれませんが、お店の人は悪いようにしようなんて思っていません。 飯塚にも意外におもしろいお店がありますよ。 そして、まだ見ぬあなたとお会いできることを楽しみにしています♪